次回開催

第108回ワークショップ

価値評価研究への誘い<オンライン実施>

日  時
2022年6月12日(日)13:30-17:00
場  所
Zoomによるオンライン開催
参 加 費
一般会員・学生会員:無料(事前申込要) 非会員:事務局にお問い合わせください

概 要

価値評価(Valuation)とは、物事を測定可能にしたり、値づけすることによる価値創造の実践です。価値評価によって比較秤量が可能になり、将来を予測することもできるので、現代社会にとって欠かせないものです。測れないものもあるじゃないかって?そのとおり。しかし、測れないものは、測れるものによって認識可能になります。経営学でいま世界的なブームになっている価値評価研究とは、所与の価値を評価することにとどまらず、新たな価値を作り込んでいく実践や、測られる価値の裏をかいた戦略的行動にも興味を持っているのです。本ワークショップでは、最新の価値評価研究について、新進気鋭の研究者や話題の著者にご紹介いただきます。

※ 参加希望の方は、6月3日(金)までにお申し込みください。
※ 事前にお申し込みいただいた方にメールにて事務局担当者から連絡いたします。お申し込み後1週間経過しても連絡がない場合は、不達の可能性がございますので、お手数ですが、事務局までご連絡お願いいたします。

プログラム

13:30-13:40 解  題 松嶋 登(神戸大学大学院経営学研究科 教授)
13:40-14:20 第一報告「M&Aを対象とした価値評価研究」
         岡本紀明氏(立教大学経営学部 教授)
14:20-15:00 第二報告「複数価値の追求と銘刻:マテリアルフローコスト会計を事例に」
         天王寺谷達将氏(岡山大学学術研究院社会文化科学学域 准教授)
15:00-15:10 休  憩
15:10-15:50 第三報告「価値評価が形成する婚活市場と婚活戦略のゆくえ」
         高橋勅徳氏(東京都立大学大学院経営学研究科 准教授)
15:50-16:40 第四報告「経営学の価値評価研究における理論的基盤:
           金融社会論、アクターネットワーク理論、科学技術人類学を中心として」
                 金 信行氏(東京大学大学院学際情報学府社会情報学コース博士課程)
16:40-17:00  リプライと質疑 司会:松嶋 登