次回開催

第99回ワークショップ

これからのクルーズビジネス

日  時
2019年3月17日(日)13:30-17:00
場  所
神戸大学大学院経営学研究科本館 206教室
参 加 費
【一般会員・学生会員】無料(事前申込必要) 【非会員】実費相当分をご負担いただきます。事務局にお問い合わせください。

概 要

 世界のクルーズ利用者は、2017年には2,500万人と、ここ10年で2倍以上に増加し、その市場規模は5兆円を超えているといわれ、さらにその発展が今後も見込まれています。わが国においても、地方創生を図るために「訪日クルーズ旅客500万人」の目標を掲げ、各種の施策を実施中です。

 しかしながら、わが国における現実をみてみると、残念なことにクルーズ及びこれに関連する国内のビジネス・産業が順調に成長しているとは言い難く、さらにその魅力、多様な可能性についての理解が、一般に広がってきているといえる訳でもありません。その一方で、アジアクルーズの急激な増加、フライ&クルーズの成長、観光振興、地域活性化の議論でクルーズの文言が取り込まれているケースも増えています。さらに、訪日外国人旅行者数4,000万人そしてその旅行消費額8兆円等の政府目標が視野に入ってきています。

 このワークショップでは、以上のような状況を背景に本分野の第一人者の方々を招いて、クルーズのもつパワー、可能性、その発展の方向性と今後われわれはどう取り組んでいくことが必要かなど、わが国におけるクルーズビジネスのこれからについて、皆さまとともに検討いたします。

プログラム

13:30-13:40     正司 健一(神戸大学大学院経営学研究科 教授)

13:40-14:40 ご講演 池田 良穂氏
                  (大阪府立大学名誉教授・大阪経済法科大学OUEL研究センター 客員教授)

~ 休憩(20分間) ~

15:00-17:00 パネルディスカッション
パネリスト池田 良穂氏
石原 正豊氏(国土交通省港湾局産業港湾課クルーズ振興室企画調整官)
田中 誠夫氏(神戸市みなと総局みなと振興部長)
中島 秀二氏(JTBクルーズ 総支配人・クルーズマスター)
コーディネータ:正司 健一