過去の開催記録

第13回シンポジウム

グローバル・ネットワークの構築 -産業空洞化を乗り越える中国市場戦略について考える-

日  時
2002年9月20日(金) 13:30~19:30
場  所

大阪商工会議所 国際会議ホール
大阪市中央区本町橋2-8

参 加 費

概 要

市場のグローバル化が進み、ますます深く相互依存している世界では、競争の優劣を企業のグローバル・ネットワーク間で競うようになりました。多くの日本企業にとって、急速に台頭している中国市場への戦略対応、また、新興の中国企業との棲み分けおよび競争協調関係の構築は緊急を要する課題のひとつになっています。
 本シンポジウムでは、グローバル・ビジネスにおける日本市場と中国市場の重要性を認識し、相互参入してマーケティング戦略を展開してきた日中企業の事例を検討すると同時に、産業空洞化を乗り越えるため日本企業の対中国市場戦略について深く考えることにしたい。

プログラム

時間 内容  
13:30 開会挨拶 中野 常男 現代経営学研究学会長 (神戸大学大学院経営学研究科長)
13:40 問題提起 「産業空洞化を乗り越えるためのグローバル市場戦略」
黄 りん (神戸大学大学院経営学研究科助教授)
14:10 第1部 「相互参入戦略とマーケティングの展開」
14:10 招待講演 「コマツの中国市場戦略」
安崎 暁氏 (コマツ 取締役会長)
14:50 招待講演 「北大方正集団の日本市場戦略」
管 祥紅氏 (方正 代表取締役)
15:30 コーヒーブレイク  
15:50 第2部 「棲み分け戦略と競争協調関係の構築」
15:50 招待講演 「シャープの中国戦略―パートナーとしての視点」
藤原 武平太氏 (シャープ 代表取締役専務)
16:20 招待講演 「村田製作所の企業戦略と中国市場」
泉谷 裕 氏  (村田製作所 代表取締役副社長)
16:50 パネルディスカッション コーディネーター
谷 武幸 神戸大学大学院経営学研究科 教授
18:00 カクテル・パーティー 大阪商工会議所6階 ニューコクサイ

開催の模様