ワークショップ

過去の開催記録

第93回ワークショップ

フィンテック(金融×IT)が描く金融システムの未来

日時
2017年3月11日(土)13:30~17:00
場所
グランフロント大阪 ナレッジキャピタル カンファレンスルームC03

概要

 Finance(金融)とTechnology(技術)の融合によって新たな金融サービスを生み出そうとする動き(「フィンテック」)に注目が集まっている。海外ではITを活用したベンチャー企業や非金融企業の金融業への参入が伝えられており、わが国でも、フィンテックを促すための改正銀行法が5月に可決、成立している。金融業は、昔から、情報・通信技術の発達に伴って発展してきた側面があり、フィンテックが、金融の産業組織、市場特性(効率性と安定性)、規制・監督体系、生活インフラ全般等に関して、大きな影響を与える可能性がある。

 本ワークショップでは、フィンテックが金融システム(社会経済システム)に及ぼす影響や変革について、大学関係者、実務家、中央銀行のそれぞれの立場から、現状と未来について展望することにしたい。


プログラム

13:30-13:50

開会挨拶 家森 信善(神戸大学社会システムイノベーションセンター 副所長・教授)

解   題 藤原 賢哉(神戸大学大学院経営学研究科 教授)

13:50-15:35

ご講演① 「ブロックチェーンと仮想通貨(仮)」

山崎 重一郎 氏(近畿大学産業理工学部 教授)

ご講演② 「フィンテック取り組み等(仮)」

円山 法昭 氏(住信SBIネット銀行株式会社 代表取締役社長)

ご講演③ 「フィンテック・電子通貨をめぐる議論(仮)」

小早川 周司 氏(日本銀行決済機構局 参事役)

~ 休憩(15分間)~

15:50-17:00

パネルディスカッション

パネリスト:山崎 重一郎 氏、円山 法昭 氏、小早川 周司 氏、瀧 俊雄 氏(マネーフォワードFintech研究所 取締役兼所長)

司   会:原 隆 氏(日経FinTech 編集長)、藤原 賢哉


参考動画

PAGE TOP