「日本的経営における女性の戦略的活躍推進」研究会のご案内

これまで日本企業の多くにおいては、男性総合職を主体とした「何でもします」「どこでも行きます」「いつでも働きます」といった組織都合の際限ない拘束性を受容した働き方の改革が求められてきました。女性の戦略的な活躍推進にあたっては、このような仕組みを改革する一方で、日本的経営の強みであった緻密な擦り合わせ業務能力やミドルアップダウンのコミュニケーションを放棄することなく進めていく必要があると考えます。
 本研究会では、そのような問題の解決に取り組むポジティブアクションやワークライフバランスおよび女性活躍推進(ダイバーシティ)担当スタッフの役割はどのようなものか検討します。
 詳細は、こちらをご覧下さい。

「日本的経営における女性の戦略的活躍推進」研究会のご案内” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。